2016/08/14  20:50

トレードスタイル

こんにちは、コトブキです。


今日はトレードスタイルについて書きたいと思います。


トレードスタイルを簡単に分けるとスイングトレード・デイトレード・スキャルピングになります。


それぞれのスタイルの違いを見ていきましょう。


スイングトレード・・・・・数日から数週間・あるいは数カ月のスパンでトレードするスタイル


デイトレード・・・・1日で1回〜3回くらいのスパンでトレードするスタイル


スキャルピング・・・・1日で数十回トレードするスタイル、1回のトレードが数分〜程度


この3つのスタイルに大体のトレーダーが当てはまります。


例外として数ヶ月から数年のスパンでトレードするポジショントレードや、数秒のスパンでトレードする超スキャルピングがあります。


ポジショントレードはトレード、つまり投機的なものとは違い投資に近い考え方です。資金が十分にある場合はアリですが、少ない資金を増やそうというならそこまでお勧めしません。もっと短期トレードをしたほうが効率はいいです。


超スキャルピングはかなり難しいのでこれもお勧めしません。


ちなみにコトブキはデイトレ・スキャルが主体のトレードです。


手法もデイトレ・スキャルにオススメの方法です。⇨手法まとめ


スイングトレードに使うこともできますが数時間〜2・3日くらいならともかく、数週間という長期保有になってくると厳しいです。

理由は長期になればなるほどテクニカルよりもファンダメンタルズ分析が重要になってくるからです。


テクニカルとファンダメンタルズについては下記の記事を見てください


テクニカル?ファンダメンタル?ロジャーズとシュワルツから学ぶ

テクニカルとファンダメンタルの違い


コトブキはあくまでテクニカル重視なので長期になるスイングはあまりやりません。


さて、この3つのスタイルであなたに適しているのはどれか?


すでに決まっていて勝てている人ならいいですが上手くいってないのならスタイルを決めるのは大事なことなので考えていきましょう。


目標から決めるというのは一つの手です。


スイングをやるなら収支計画はのんびり、一度で狙うpipが大きい分損切りも大きくなるのでロットを小さくします。


年利40%〜100%くらいでいいならテクニカル的なスイングトレードで良いと思います。


デイトレードをするなら年利100%〜400%くらい。


スキャルピングなら年利400%〜800%くらい。


この年利の違いはそのまま難易度の違いになります。


スキャルピングは簡単というイメージがあるかもしれませんが違います。


短期になればなるほどトレード・資金管理は難しくなります。


もちろんスイングトレードでも年利500%以上稼げる人もいます。デイトレーダーで年利1000%以上なんて記録を持っている人もいます。


その辺はレバレッジが大きく関係しています。


スイング・・・ローレバレッジ1倍〜5倍

デイトレ・・・ミドルレバレッジ5倍〜20倍

スキャル・・・ハイレバレッジ20倍〜数百倍(日本の証券会社では25倍まで)


トレードで勝ち続ける人は鉄板トレードを持っている人が多いです→鉄板トレードを見つける


鉄板トレードということは高勝率ということですからレバレッジを大きくかけれるというわけです。


そうやってリスクを見極めてレバレッジを操作することでうまく稼いでいるのです。


この辺は自分の経験で学ぶしかないでしょう。特に初心者がハイレバレッジでトレードすれば一瞬で資金を失います。


後は複利の力というのもあります。でもトレードで複利を使うのは最初はあまり気にしなくていいと思います。


少なくともトレードで今後も十分に稼いでいくことができる、と自信がつくまでは最初の資金に対して適正なレバレッジでロットを決めたほうがいいと思います。


複利を使うと急にロットが大きくなって精神的に不安が生まれトレードが崩れてしまいます。


ですから複利的にロットを上げていくのは資金がかなり余裕になってからにしてください。


資金が大きくなれば、レバレッジは低くなっても十分な金額を稼げます。


常に複利を使わないと、みたいに考えているのはプレッシャーになるだけです。


実は収支がトントンという人の中にはロットを増やすと急に負け始めるということが原因の一つだったりします。


コトブキも経験済みです笑。


勝てるのだからじっくりやればいいのに大きく稼ぐにはどうしても複利を使わないと、って気になってくるんですよね。


そういう気持ちは一旦捨てて少しずつでも資金を増やしていく。そして余裕が出てから少しずつロットを上げていけばいいんです。それでも十分稼げます。


大体のイメージは伝わったでしょうか?


目標によってトレードスタイルは変わります。


例えば今ある100万円を1年で500万円にしたいというなら、難易度は高いですがスキャルピングをするしかありません。


3年で500万円にするという目標ならスイングでもいい。


それにトレードに費やせる時間にもよります。この辺りがサラリーマンなら本業の仕事次第で変わるところですよね。


1日に1時間かそれとも3時間くらいは費やせるのか、週に何時間くらいチャートを見れるのか?


専業なら時間を多く取れるので専業の方が稼ぐのは当たり前です。


この時間によってトレード回数が激変するので利回りも変わってきます。


自分の目標額・目標までの期間・トレードできる時間を考慮してトレードスタイルを選びましょう。


この部分で初心者の中には無茶苦茶な目標設定をしてしまう人が多いんですよ。


1日に2時間くらいしかトレードできないのに100万円を1年で1000万円にする、とか1週間に3時間のトレードで目標は月3000pipです、とかね。


目標は自分でできるところに設定しましょう。


1年で100万円を1億にする、みたいな無茶な目標は立てないようにしましょうね笑。


あなたのトレード環境・資金量から目標額や目標期限を設定してトレードスタイルを選んでください。


ちゃんと現実的な目標を定め、トレードスタイルを自分に合わせて決めている人とそうでない人との差は大きいですよ。




スポンサーサイト