2017/05/21  11:00

トランプ大統領弾劾!? 為替はどうなるか?

こんにちは、コトブキです。



先週の「トランプ大統領弾劾か?」報道は気になったトレーダーも多いと思います。



http://www.mag2.com/p/money/229826




http://www.sankei.com/world/news/170518/wor1705180041-n1.html




ほとんどの人が円高への調整が急に感じたんじゃないでしょうか?



今の所はその程度の影響だと思っています。



あくまでも調整相場ということ、要は今回のリスクオフは長期トレンドにならず短期だろう、ということです。



もちろんこのまま円高局面が続いていく可能性だってありますから油断はできません。



昨日の記事に書いたように、チャートとは事実なのです。→チャートとは〇〇である



今のチャートを見ると、日足レベルでトレンド転換したとは言えません。



でも短期だろう、というのはあくまでも現段階の話であってこれが長期になる可能性もあります。



正直「ロシアゲート」問題はネタとしてしばらくは弄られそうですし。




「ロシアゲート」疑惑は円高の扉を開くか=鈴木健吾氏




ロシアゲートが増幅する「円高の夏」=斉藤洋二氏





それに事実、トランプ氏は偏向報道の的ですから支持率低下は免れないでしょう。



弾劾は難しくても、仮に辞任に追い込まれたとしたら、その前に強硬で北朝鮮に攻撃する、なんてことも考えられます。



地政学リスクがさらに増えれば、当然さらなるリスクオフ相場になるでしょう。



だとすれば長期的なリスクオフ相場もありえます。



仮にロシア仲介で金正恩とトランプのトップ会談が早期で実現しても微妙な空気ですしね。



まぁあくまでもネタ、参考程度に考えてくださいね。



FXはとことんテクニカルで十分、テクニカルはこれで十分→手法まとめ


b0016600_151921.jpg







スポンサーサイト
2017/05/05  19:35

決選投票やっぱ気になる!?フランス大統領選

こんにちは、コトブキです。



フランス大統領の決選投票いよいよ7日に迫ってきました。



世論調査的にはマクロン氏でほぼ決まり的な雰囲気ですね。ほぼ確実とまで言われています。



【仏大統領選】 テレビ討論会、視聴者はマクロン氏に軍配




ほぼ決まりといっても結果が出るまでわかりません。



英国EU離脱選挙や米国トランプ氏の例がありますからね。油断はできません。



ポジション解消はしておきましょう。これ絶対ですよ。



基本的には以前書いた記事と考え方は変わりません。


4月23日のフランス大統領選でどうなるか?

マクロン氏とルペン氏 決選投票



マクロン氏当選なら短期的にユーロ高、ルペン氏ならユーロ安の加速、だと考えています。



以前にも何度か書いたことですが、今年はユーロ圏は大荒れ予想です。



2017年は欧州選挙の年!今後の政治イベントをチェック!(2月更新版)




当然ユーロだけに影響を与えるだけではありません。



マクロン氏なら欧州株高の期待なんかもありますから正直どうなるかわかりません。



実際マクロン氏に決まってもユーロ安になる可能性だってあるわけです。



トランプ氏の時もドル安予想だったのにすぐにドル高になりましたよね?



あのジョージソロスだって読み間違えて損切りしています。




トランプ相場でソロス氏大損 1140億円失う? 株価急騰、著名投資家も読み損ねる




どーなるかなんて本当にわからないんです。



いいですか?ファンダメンタルズ分析なんてあくまでネタ、参考程度、FXトレードの補助の補助くらいでいいんですよ。



ファンダメンタルズでトレードの方向を決め手にしてはいけません。



リスクを避けるためにチェックする、ぐらいで見ておきましょう。



短期であればあるほどテクニカル1本でいいんです→手法まとめ



あと来週の9日には韓国の大統領選でもあります。



韓国に関しては北朝鮮問題から米国と日本の地政学リスクでの関心が大きいので、ウォンや韓国株だけでなく予想以上に日経や円相場に影響を与えるかもしれません。



来週もしばらくトレードは控えた方がいいかもしれませんね。

124e99b8d5ed95337fe2293470bdf852_400.jpg















2017/04/30  14:00

GWアノマリー

こんにちは、コトブキです。


月曜日から5月に入りますね。


5月のアノマリーを見ておきましょう→FXアノマリー


上の記事にはありませんが、5月はやはりゴールデンウィークが気になるところですよね?


一応GWにもアノマリーがあります。


それは「GW前後は円高になりやすい」というアノマリーです。


あくまで傾向・アノマリーですから気にしすぎてはいけませんよ笑


まぁお休み時期ですし、ポジション解消で反転は考えられます。


東京以外も市場休みがあったり
http://www.gaitame.com/market/yosoku.html


今週はFOMCや雇用統計とイベントもあるので要注意。


自身も休んで遊ぶのもオススメです笑


それに次の週の5月7日には2回目のフランス大統領決選投票が、5月9日には韓国次期大統領選があります。


来週は選挙前の動きにも気をつける必要があります。


ポジション整理が例年以上に入れば意外に素直に動くかもですが絶対ではないので気をつけましょう。


今年の5月は例年以上に大きく動くことが予想されます。


それがトレンドになるのか反転するのか、あるいは横ばいで推移するのかは終わって見なければ誰にもわかりません。


どちらにしてもテクニカルの範疇で取引しましょう、これは絶対です。


リスクを回避するため、あくまで参考程度にしておいてくださいね。

3e718807.jpg




2017/04/24  13:26

マクロン氏とルペン氏 決選投票

こんにちは、コトブキです。


仏大統領選 マクロン氏とルペン氏が決選投票へ



仏大統領選、マクロン氏・ルペン氏で決選 EU統合争点




やっぱり週明けは大きく窓をあけましたね。


落選した候補者であるアモン氏やフィヨン氏がマクロン氏を支持しているのでこのまま5月の決選投票もマクロン氏か?という見方が多いみたいですね。


しかし、そのままルペン氏が大差で負けるということはないでしょうし、ここで決めつけるのは絶対してはいけませんね。


他の人の票がどう動くかはわかりません。


週明けは円安に窓空けしてユーロ高が目立ちますが、仮にマクロン氏が当選してもユーロ安が止まるくらいでユーロ全体がユーロ高になるほどの材料ではないと思っています。


もちろん短期的にはユーロ高にはなるでしょうけど、長期的には厳しいと思います。


それに今年ユーロ圏は大荒れ予想でもあります。


2017年は欧州選挙の年!今後の政治イベントをチェック!(2月更新版)



長期的に円安とユーロ安ということになればユーロ円は一方相場になりにくいということですね。


コトブキが今年の最初に書いた記事のように狙い目の通過はユーロ円ではありません→2017年の狙い目は?



まぁコトブキはそこまで通貨ペアにこだわってはいませんけどね笑。


大事なのは通貨ペアやファンダメンタルズじゃなくテクニカル分析ですよ(^ ^)


これね→手法


まぁ大きいイベントの時はこうやって大きく窓をあけたり逆張りでも一気に数円動いたりするのでポジション持たないようにを気をつけるぐらいは必要です。これは絶対。






2017/04/21  19:28

4月23日のフランス大統領選でどうなるか?

こんばんは、コトブキです。


トレーダーが今一番注目しているのは4月23日のフランス大統領選ですよね?


単独過半数を獲得する候補者がいなければ上位2名による決選投票が5月7日に行われるという流れですが、どちらにしろ週明けは窓開けが考えられますのでポジションは今夜中に解消しておいてくださいね。


一番の注目はルペン氏が支持されるか?というところです。


今のところメディアでは優勢かどうか判断しづらいですよね?


http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H7V_S7A300C1FF2000/



http://jp.reuters.com/article/france-macron-idJPKBN17G0TL




まぁ仮に十中八九予想がついたとしても、最近の流れはメディア予想通りにはいきません(EU離脱選挙・米大統領トランプ選挙)。


特に今回はEU離脱プランが入っていますからね。民意は読みにくいです。


まぁ難しく考えず、僕たち個人トレーダーはのんびり結果待ちしてればいいでしょう笑


どうなろうがテクニカル分析に従えばいいだけですから。


それでもシナリオを考えておくのは無意味ではありませんし簡単に予想しておきましょう。


簡単にいうとルペン氏が大統領に就任すれば確実に脱EU策が進むとしてユーロ安が加速すると予想されます。


マクロン氏ならとりあえずのユーロ安が止まるのでは、と予想されます。簡単ですが単純な予想はこれです。


しかし米国トランプ氏の就任時のドル安予想は外れてドル高円安が進みましたよね。


今は強気なトランプ政策でドル安円高ですが、あの時は予想に反して期待値の方が大きくドル高になりました。


つまりは最近のこういうイベント予想はあてにならない、ぐらいに思っておけばいいということ。


テクニカルが効かない相場になるかもしれませんが、その時はテクニカルが効くまで待てばいいだけのことです。


テクニカルに関してはこれで勉強してくださいね→手法まとめ