2017/06/19  19:59

「我慢できると大丈夫はイコールじゃない」 話題のマンガに共感の声

「我慢できると大丈夫はイコールじゃない」 話題のマンガに共感の声






「辛い」「大丈夫!」「我慢!」の無限ループ。そりゃ疲れるわ。




仕事でも、不動産投資でも、株式投資でも、金や銀投資でも、先物でも、ビットコインでも、当然FXにおいても大事なのは「損切り」です。




人生も同じ。




「逃げる」じゃない!「損切り」はコントロールすることです。





スポンサーサイト
2017/06/16  20:00

正直まだ使いにくい?VRでFXトレード。


img-01.png





こんにちは、コトブキです。



皆さんはVRでFXトレードしてみたいと思ったことありますか?



実はスマホVRでトレードするアプリがあるんです。



GMOクリック証券が提供しているアプリです。



https://www.click-sec.com/corp/news/press/20170127-01/








使ったことがある人も多いと思いますが、正直まだ完成形とは言いにくい感じです笑



ただ3Dのバーチャル空間でトレードをするというのは面白い試みですよね。



目線でチャートを変えたりトレードしたりするのは面白いけど使いにくい。



興味のある人は一度使って見ては?口座開設無しで無料で使えます。



https://www.click-sec.com/corp/news/press/20170127-01/





個人的にはマウスとかキーボートってもういらないし、もっと感覚的にトレードしたいなぁ。



今後もっとSF映画のような世界観でトレードできることを期待しています。



20131027150224.jpg






2017/06/10  19:00

「苦学生」ジョージ・ソロスは、いかにして投機の天才になったのか?

「苦学生」ジョージ・ソロスは、いかにして投機の天才になったのか?





「市場は常に間違っている、と私は信じている」

「自分が他の人より優れているのは、自分は間違いを認めることができる点だと思う」

「マーケットは人間の心理によって動く。理論では動かない」

「まず生き残ること、儲けるのはその後だ」




テクニカルなことばかりではないですが、これらの考え方をどれだけ自分に落とし込むかが大事だと思います。



彼のような天才にはなれなくても学ぶことはできますからね。




こちらもどうぞ→偉大な投資家達の名言集


atamagaii.jpg




2017/05/31  21:00

野村克也氏が語る「努力がムダ」になる理由

野村克也氏が語る「努力がムダ」になる理由



これはFXにも通じます。


目的のない目標は無駄、これは本当に何にでも言えるようなことですね。


ただやみくもに努力、一生懸命になっても評価はされない、単なる自己満足。


FXも間違った努力では自己満足だけ、目的を見据えて行動しなければ意味がありません。


コトブキも反省するところがあります笑


ぜひ読んでみて下さい。



2017/05/27  14:00

トレードの勉強?

こんにちは、コトブキです。



FXのトレードを上達させるために皆さんはどんな勉強していますか?



上達しているかどうかは本人にしかわからないので判断できませんが、間違っている勉強をしている人が結構います。



それは新しい手法を探すことです。



新しい手法探し=勉強になっているんですよね。



これは聖杯探しだということを理解してください。



実は「聖杯はない」と理解しながら新しい手法ばかりを探している人って結構います。



これはコトブキも経験があるので気持ちはわかります笑



聖杯はなくても新しい手法と新しい手法を組み合わせてパラメーターの設定を変えたり合わせたらもっと勝利が上がるんじゃ・・・・とか考えちゃうんですよね。



そしてそれを考えることがトレードの上達で勉強だと勘違いしてしまうのです。



でもそれをしているうちは組み合わせなんてうまくいかないし、手法を覚えれば覚えるほどトレードが下手になっていきます。



当然です、意味もわからず売買方法を手に入れ実践するだけでは勝てません。



新しい手法探しは知識欲は満たされますが、トレードの上達にはなりません。



では正しい勉強とは何か?



まずは手法というよりチャート分析の方法を学びましょう。



ローソク足や移動平均線などの基本的なインジケーターの意味や使い方を勉強しましょう。



そして簡単なものでもいいので、分析方法から売買ルールを組み立てます。これが手法です。



この後がとても大事です。



ここからは教科書を覚える勉強というより、スポーツに近い感じです。



スポーツで良い成績を出すには体で技術を覚えますよね?



最初からできる人もいるでしょうが、大抵の人は最初はヘナチョコです。



走ったり、ボールを投げたり蹴ったり、どんなスポーツでも綺麗なフォームは頭でわかっていても、体で覚えないといつまでもヘナチョコのままです。



最初はヘナチョコでも基礎練で筋肉や体力を作り、フォームを確認しながら反復練習することで徐々に上手くなっていく、このスポーツ選手のような練習がトレードにも必要なんです。



しかし、トレードには教科書的なフォームを教えてくれる先生はいても、基礎練や間違ったフォームの改善点まで教えてくれる専属コーチみたいな先生はいません。



つまり実践を繰り返しながら自分で試行錯誤していく、という工程が必要になってくるんです。



この部分が難しいんですよ。



人それぞれですが、どうしても時間がかかってしまう所です。



これはひたすらデモトレードで訓練するか、実際のトレードで金額をとことん下げて実際に資金を増減させて訓練するかのどちらかしかありません。



これも人それぞれです。デモを薦める人もいれば、いきなり実践を薦める人もいます。



デモでは本気になれないという人も結構いますからね。



訓練・練習は本気でやらないと効果は薄いのもスポーツと一緒です。



訓練の段階で大きい金額でトレードすれば、退場させられるのがオチです。



ほとんどの人がこれで「もう無理」となってるんじゃないですかね?



大事なのは新しい手法を知っている知識ではなく熟練度だということ。



勝てるようになると、ある意味では手法探しや新しいインジケーター探しなんて趣味の範囲になってきます。これほんと笑



とりあえず今、聖杯探ししちゃってる人は一旦ストップしてください。



チャートの分析手法・テクニカルはこれで十分、まずはこれを勉強しましょう→手法まとめ



あとはデモトレードか、少額で実践するかで、とことん反復して訓練してください。



本当にこれだけで勝てるようになります。まずはやってみてください。



手法まとめ



1_3_20151231213022a0e.jpg