2018/05/27  14:00

トップアスリートに学ぶ、ビジネス集中力アップ法




トップアスリートに学ぶ、ビジネス集中力アップ法




トップアスリートたちは「自分でコントロールできること」と「自分ではコントロールできないこと」の区別が明確。



そしてトラブルやコンディション不良にもめげず、起きた事は「受け入れる」事で心を乱さずに集中できる事。



これは完全にFXにも通じる部分があります。



大事なのはFXをやる時に「プロ意識」を持つ事です。



自分はトレードのプロだと意識してトレードする事、これ超重要ですからね。



まずは、ゆっくり深呼吸するでも、ゆっくりパソコンの前に座るでも良いので、トップアスリートたちの真似をして自分はトレードのプロだと意識してからトレードしましょう。



それだけでも一気にトレード成績が変わると思います、ぜひ実践してみてください。



ダウンロード




スポンサーサイト
2018/05/13  17:00

寺の住職が2億円のFX利益を申告せず…なぜバレないと思ったか?




寺の住職が2億円のFX利益を申告せず…なぜバレないと思ったか?



うーん、払うべきものは払いましょうよ。


お金持ちになって自由になりたい・自由に生きたい、という人はたくさんいると思います。


でも自由に好きな事をして生活するのにも社会のルールは守らないと。


脱税は犯罪、納税は義務ですよ。


http://www.mag2.com/p/news/358296


44d82c4ac55cca55413e2c54d02ad2f3-680x345.jpg



2018/04/22  14:00

〇〇が出来なければ大怪我をする

こんにちは、コトブキです。



僕は高校時代、柔道部でした。



柔道を学ぶ上で一番基本であり、毎日繰り返し体に叩き込むものって何かわかりますか?



もちろん「一本背負い」や「払い腰」といった技の型を覚えるのも大事ですが、もっと大事なことがあります。



それは「受け身」です。



「技」に関しては個人の体格や体捌きの癖なんかで得意・不得意を見つけ磨く必要がありますが、「受け身」に関しては初心者から上級者まで、性別・年齢や体格にも関係なく等しく上手くならなければ大怪我をしてしまいます。



投げられたり転んだりした時に大事な頭を守り大怪我を防ぐ、まずは「受け身」を徹底的に覚えないとまともな型稽古や試合は出来ません。



これはFXも同じ、この守りの姿勢がFXにも大事なのです。



失敗しても怪我をしないように、慎重に、いかに上手に損をするかを徹底的に覚えないと大怪我して退場してしまいます。



損切りも最初は下手です。それが普通。



ですが下手くそでも何度も繰り返せば上手くなるのです。



何度も繰り返してトレードがうまくなるにつれ相性のいい相場、持ちこたえられる相場、流れに乗れる相場等も自己目線でわかってきます。



勉強を重ね、繰り返していけば必然的に損切りも上手くなっていきます。



まずは下手くそでもいいので損切りすること、形だけでも損切りすることを覚えていけばいいのです。



常に「受け身」の姿勢で挑むことを心がけましょう。



4c3aba7f-s.png


2018/04/08  07:29

ウォーレン・バフェットが明かす、成功のための9つのアドバイス

ウォーレン・バフェットが明かす、成功のための9つのアドバイス




・長期的な視野をもとう   


 「保有期間は永遠というのが、我々の好みだ」


・常に新しいことを学び、謙虚であれ


 バフェット氏は今でも毎朝、新聞を読み、1日を通して読書をしている。


 「こうやって知識は機能するんだ。複利のように、積み重なっていく」


・自分のお金を投資しよう


 株の価値が下がったとき、自身のお金でなければ、投資家は要らざる不安に陥り、誤った決断を下しがちだと、バフェット氏は言う。


・人間関係を築き、他者を丁寧に扱おう


 「築いてきた人間関係や他者への扱いを、ビジネスに関する知識と置き換えることはできない」


・過去ではなく、未来を見よう


 「もちろん、今日の投資家が昨日の成長から利益を得ることはない」


・値段が高ければサービスも高い、とは限らない


 バフェット氏は、裕福な人々はしばしば費用の高い投資コンサルタントを使って無駄な投資をしていると指摘した。


・群集心理を避けよう


 「他人が貪欲になっているときは警戒しよう。他人が警戒しているときだけ貪欲になろう」


・止め時を知ろう


 穴から抜け出そうとしてさらに深い穴に陥ることは、しばしば起こる。バフェット氏はこれ以上のトラブルを避けるため、ときにはあきらめることも必要だと言う。


・お金にばかり気を取られない


 「大学生たちにはこう伝えている。君たちがわたしの年齢になったとき、愛してもらいたいと思う人に愛されていれば、君は成功者だ、と」







投資の技術や知識以上に人生を豊かにする「原理原則」を理解しているような人ですよね(^ ^)


特に「君たちがわたしの年齢になったとき、愛してもらいたいと思う人に愛されていれば、君は成功者だ」は心に響きました。


人生の目標にしたいくらいです笑


こういう物事の本質に辿り着くような考え方はトレードにも通じます。


ぜひ読んでみてくださいね。


warrenbuffett-728x485.png




2018/02/25  14:00

チャートに集中する

こんにちは、コトブキです。



僕はいつもFXはテクニカル分析を主にトレードし、ファンダメンタルズはネタくらいに考えましょう、といっています。



この考え方は絶対的だと思ってます。



ファンダメンタルズ分析だけでトレードすれば、いずれは勝ち負けが曖昧なトレードになっていき、わけがわからなくなるのがオチ。



ファンダメンタルズ分析をするな、とは言いませんが、テクニカル分析が出来ないとトレードには役に立ちません。



テクニカル分析とはインジケーターを知る事ではありませんよ。



テクニカル分析とは相場を分析する事です。



その為にインジケーターがあるだけ。



だからインジケーターなんて使いこなせれば何でもいいんです。



最も大事なのはチャートから相場を分析する事。



まずはインジケーターに頼らず、ローソク足だけのチャートに集中して分析しましょう。



ラインを引く、フォーメーションパターンを確認する、それらを上位時間足から下位時間足まで分析する。



これくらいはやりましょう。



ローソク足のチャートだけで、今は買い相場なのか、売り相場なのか、さらにどの時間足でどうなれば買うのか、売るのか、を説明出来るくらいになるまでは毎日やりましょう。



やれ新しいインジケーターやらファンダメンタルズ云々を追いかけるよりもよっぽど勉強になります。



まずはとことんチャートに集中して相場分析する、これ本当に大事です。


Dogs_Beagle_Glasses_458253.jpg