2016/07/17  21:00

ボリンジャーバンド実践

こんにちは、コトブキです。



今回はボリンジャーバンドの実践的な使い方を書きたいと思います。



前回の記事でボリンジャーバンドは移動平均線を軸に考案されたと書きましたよね。



移動平均線は最低3本出して短期・中期・長期のトレンドの方向を見るものです。



その方向にボリンジャーバンドがエクスパンションした時がエントリーのタイミングです。



チャートで見てみましょう。ちなみにコトブキは短期移動平均線は20SMAなのでそのままボリンジャーバンドのミドルラインです。

ボリバン

ボリバン2


どうでしょう?グランビルと組み合わせればリスクも低く損小利大できるイメージができましたか?



スクイーズは無視としてグランビルを組み合わせればバンドウォークも取れます。



つまり、大事なのはエクスパンションということです。



エクスパンションが起こったということはその方向に値動きが加速したということ。



加速したところでトレンドに乗れるのがボリンジャーバンドの強みです。



当然上の時間軸のボリンジャーバンドも見てくださいね。



1時間足でエクスパンションやバンドウォークしていたら1分足や5分足のエクスパンションの加速がより強く、長くなって取りやすくなります。












スポンサーサイト
2016/07/16  20:49

ボリンジャーバンドは逆張り?順張り?

こんにちは、コトブキです。



今回はボリンジャーバンドについて書きたいとおもいます。



ボリンジャーバンドも言わずと知れた王道インジケーターのひとつです。使っていきましょう。



ボリンジャーバンドを逆張りに使うか順張りに使うかでよく論争しているブログがありますよね?



コトブキ的には絶対順張り、トレンドフォローに使うべきです。



ちなみにボリンジャーバンドを考案したジョン・ボリンジャー氏も順張りをおススメしています。



そもそもボリンジャーバンドとはコトブキが大好きな移動平均線に統計学を組み合わせ考案されたインジケーターです。



移動平均線はトレンドの方向を見るために使います。
移動平均線の使い方
移動平均線の使い方2

移動平均線の方向に逆らわないことが前提ですよね?



だから必然的にトレンドフォローに使う方が効率がいいわけです。



ではなぜ「逆張りに使え」という人がいるのか? 本にまで書いてあったりします。



統計学の標準偏差と正規分布の考え方を、といってもめんどくさいので簡単に図でイメージしましょう。
chart2_01.png

外為オンラインからの引用



中心の平均値とは移動平均線のことでミドルラインのことです。



要はミドルラインを中心に上下のバンド内にレートが収まる確立を出しているわけです。



この分布図をみれば、外側に外れれば外れるほど平均値にもどりやすい、どころか平均をあわせるために逆側にもよりやすいと考えてしまうでしょう。



これが「ボリンジャーバンドを逆張に使え」という人の根拠です。



ただね、こんな単純じゃないんです。根拠が乏しすぎです。



仮にミドルラインが1ドル100円だとしたら、101円にレートがずれれば、今度は99円までずれると考えてしまう。それで平均が100円になると・・・・・違いますよね?相場がそんな単純なら億万長者が大量発生します笑。



上の図はまちがってはいませんよ。計算は正しいので。



ただ、移動平均線(ミドルライン)が動くのですから当然分布図の位置や形も変わるという大事な部分がないのです。



それを無視して常に2σや3σで逆張り、みたいなトレードでは勝てません。



ボリンジャーバンドを使って逆張りするなら、バンドがスクイーズしてる場面しか狙わない、オシレーターを組み合わせて使う、とか逆張りの考え方やインジケーターの使い方がいくつも必要になります。



コトブキが今まで記事に書いてきたテクニカルはすべてトレンドフォローです。



ボリンジャーバンドはトレンドフォローに使うべき。これが結論です。



次回は実践の使い方を書きたいと思います。



まずは、ボリンジャーバンドは逆張りではなく順張りに使うと覚えておいてください。