2017/03/21  07:40

2020年には米国の労働人口の半分がフリーランスになる見込み


http://newsphere.jp/business/20170319-2/



日本もいずれそうなると思います。時間はかかると思いますが。


「テクノロジーの進化によりいつでもどこでも仕事をしやすくなっていること、そして隙間時間でできる仕事が増えることで副業としてのフリーランスの可能性が広がっている」←まさにこれ。


自分だけで簡単に仕事ができるならフリーランスが増えるのは当然。


ただし、生活や収入の安定が担保されるかどうかは別問題。


保証云々を考えるとフリーランスは不利だし、まだまだ厳しい。


でも、もしかしたら今の小学生ぐらいの子たちの半分は就職活動とかしなくなるかも。


どんな世の中になるのかな?

75c70d580b40628ae144a999a4ceac42.jpg





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント